腰痛

腰痛とは、腰の痛みや炎症のことを言います。
腰痛には、ぎっくり腰などの急性腰痛や、腰椎椎間板ヘルニア・腰部椎間板症・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・すべり症などの他、 心因性の腰痛や病名のつかない腰痛まで、様々な種類があります。
そのため腰痛といっても、急性の腰痛・慢性の腰痛、鋭い痛み・鈍い痛みなど、症状の出方や痛みの種類、痛む場所も様々です。

実は多い「異常がない」腰痛

腰痛で病院に行ってレントゲンなどの検査を受けたものの、「異常なし」と診断されて湿布薬などの処方で終わってしまう。

そんな経験はありませんか?

日本人の8割以上が、人生のうちで経験すると言われている腰痛ですが、その多くは病名などの明確な原因が特定されない腰痛です。
そのため、病院でレントゲンなどの検査を受けても、特に異常が見つからない場合も多くあります。

その反対に、腰痛などの症状のない健康な方が、レントゲンやMRIなどの検査を受けた結果、椎間板ヘルニアや神経の圧迫などが見つかる場合も多くあります。
つまり、画像診断で椎間板ヘルニアや神経の圧迫が認められても、必ずしもそれ自体が腰痛の原因ではない場合もあるのです。

明確な原因となる「異常がない」のに痛みがある。
このような腰痛は、どのようにして引き起こされるのでしょうか?

「異常がない」腰痛の多くは、関節の機能低下や歪みが原因

腰への過度の負担や不良姿勢によって、腰椎や骨盤に歪みが生じたり、関節の機能が低下したりします。
腰椎や骨盤に起きた関節機能の低下や歪みによって、腰部の筋肉への負担が増加し、常に筋肉が緊張している状態になります。
常に緊張状態にある腰部の筋肉は、やがて痛みを引き起こします。

こうして引き起こされた腰痛を改善するには、筋肉の緊張を緩めるだけではなく、 その緊張の原因となっている歪みや関節の機能を改善することが重要になります。

Total Body Care 向ヶ丘整体院では、腰痛の原因となっている歪みや関節の機能から改善していくことで、 その場しのぎではない根本的な改善を目指します。

つらい腰痛を繰り返さないために

つらい腰痛を繰り返さないためには、身体の歪みを改善すると同時に、 その歪みを生じた原因である姿勢や生活習慣などを見直すことも大切です。

日常的に腰への負担の大きい生活を送っている場合は、負担を軽減させるための身体の使い方、 姿勢の取り方などを覚えることが、腰痛を予防するために非常に重要です。

また、普段からストレッチや体操などでしっかりとケアをすることも腰痛の予防に役立ちます。

Total Body Care 向ヶ丘整体院では、つらい腰痛を繰り返さないために、 腰への負担を軽減させるための身体の使い方や姿勢の取り方、 自分でケアするためのストレッチや体操なども積極的にアドバイスいたします。

ご予約・お問い合わせは TEL:044-931-5345 まで